カテゴリ:鹿児島・屋久島 日記( 9 )

固有種

屋久島の固有種のヤクシカとヤクザルです。
ニホンザルやニホンシカとは別の種らしいです。純血種?ニホンザルやニホンシカよりも一回りくらい小さくて可愛いです~。
f0042307_3311515.jpg
f0042307_3312250.jpg
人間が餌をあげるので人間を怖がりません。
それどころか、お弁当食べてると「なんかちょーだい!!!」って近寄ってきます。
ダメだって~~~!!!

餌を与えるのは禁止してるんですが、
それでもやっぱりあげちゃう人が後を経たないそうです。
[PR]
by tomomikki | 2011-03-23 03:32 | 鹿児島・屋久島 日記

食虫植物

モウセンゴケです。屋久島に行ったとき初めて食虫植物を見ました。
虫を食べている現場は押さえられませんでしたが・・・。
家庭でも育てられるそうですよ。
f0042307_3145239.jpg


モウセンゴケ↓
http://mirabeau.cool.ne.jp/hakone/mousen.html
[PR]
by tomomikki | 2011-03-23 03:16 | 鹿児島・屋久島 日記

人工物

屋久島に旅した時、生まれて初めて人工物が全く無い景色を見ました。

3●年間生きてきて初めてでした。自然そのままの景色。人の手がかかってない景色。
それは白谷雲水峡にある太鼓岩からの景色。

ガイドさんにこの景色を見て何か気づかない?

と聞かれ、最初は気づかなかった。ただ何か違和感は感じました。
何だろう?この違和感は・・・。

「そしてここからの景色には、人工物が無いんですよ。
こんな自然に溢れている屋久島でも珍しい景色です。」と。


その景色をずっと見ていると、最初は人工物が無い事に違和感を感じていたのに、
そのうち自分が着ているウィンドブレーカーのオレンジの色に違和感を感じ始めました。
自然の中にいる自分の存在なんてほんと小さい。
人間の作ったものなんてこの自然の大きさに比べたらちっぽけな感じがしました。

時間の許す限り、その大きな空を眺めました。
f0042307_1473355.jpg
とか言いながら、文明社会が作り出した"デジカメ"で写真撮るねんけどね・・・(^^;)
[PR]
by tomomikki | 2011-03-21 14:08 | 鹿児島・屋久島 日記

感動とは。

感動とは心に余裕がある人間がすることです。

屋久島に旅したとき、縄文杉ツアーに行きました。山道を往復11時間のコース。
若干、リサーチ不足の私は、まさかこんなに歩くとは思ってなかったし、
ハイキングコースのようなものだと思っていたんです。

甘かった・・・(汗)
結構ハードな山道もあり、普段歩いていない者にとっては結構厳しいコース。


朝4時に起床。まず4時に寝ることはあっても4時に起きることは無いですよね。
明日は朝4時起床だからって、普段そんな時間に寝ること無いのに、10時に床についても寝れませんよね・・・。
寝れないまま時が過ぎ結局1~2時間しか寝れず、
しかも、朝ごはん食べておかないと体力が持たないからと、
朝ごはんを食べさせられ・・・。気分の悪いまま歩き出す。


ガイドさんの素晴らしいペース配分により歩き出しましたが、やっぱり気分悪いししんどいし・・・。
でも私が「やめる」と言うと、ツアー全部が終わってしまうから、そういう訳にはいかない・・・。

他のツアーに参加した人達はこの日のために、
「仕事終わりで2時間家の近所を歩いてました。」「2ヶ月前から鍛えてました。」
とか言う面々。私は何一つ準備無く、しかもネパールへ旅していてどっちかと言うと体力低下してるぐらい・・・。


それでも、こんな思いをしてみた縄文杉はさぞかし美しく、感動的なのだろう!!!
と頑張って歩いたわけです。


そして縄文杉ふもとへ到着。
ガイドさんは「皆さん、この階段を上ればあの!!!縄文杉ですよ~。」
「苦労して歩いてきて良かったですね~~~やっと着きましたよ!!!」
と演出。

ここでは私も少しは期待したわけです。
でもねかなり疲労してて、どっちかと言うとその階段上るのもしんどいしーーーーと言う感じでしたけどね(汗)
そしてその階段を上りました。

ガイドさん、「ほら皆さん!!!縄文杉です!!!」

私、「・・・・?木やん。ただの、でかいけど・・・」しら~~~・・・。

縄文杉を見たと同時に私を襲ったのは絶望だった。
ここが折り返し地点・・・。ここに達したと言う事は、これから同じ道のりを引き返すと言う事。
同じ距離を、同じ時間を、歩くと言う事。その現実を突きつけられるわけです。
そのショックたるはハンパないですよ。

でも一緒にツアーに参加した人達は、「凄いね~、大きいね~神秘的だね!歴史を感じるよね~」などと感極まっている・・・。

私ときたら、これからの道のりを考えると、そんなちんけな感動より幻滅だ・・・。


そしてそのとき私は気づいたのです。

「感動する」と言う事は気持ちに余裕のある人間のすることなんだな、と。


明らかに周りと温度差があった事は隠し切れなかった。残念・・・。


つづく・・・
[PR]
by tomomikki | 2011-03-20 17:30 | 鹿児島・屋久島 日記

屋久島の写真を少し・・・

f0042307_1145366.jpg
こんな大きな木にもコケが生えて新しい芽が出ています。
f0042307_11462847.jpg
自然が造り出す造形は凄い!!!
f0042307_11465991.jpg
これは、縄文杉に到達したときの写真。一番凹んでるときです(笑)
f0042307_11474127.jpg
屋久島の固有種の「ヤクシカ」大きさは変わりませんがどうやら親子のようです。
f0042307_11482893.jpg
光と水と緑。「緑の雫」です。
[PR]
by tomomikki | 2009-11-06 11:49 | 鹿児島・屋久島 日記

そんなこんなで

f0042307_152117100.jpg

屋久島かなり満喫しました。
昨日は、宿泊先でインターネットを使おうとしたら、繋がらず、スタッフに言うとNTTの基地が5kmも先で、雷が鳴ったり、風が強く吹くと繋がらないらしい・.((((((^_^;)


都会なら大クレームな筈っ!!!
でもこちらの人は、また明日やってみたらいいよ!
となんとも穏やか。


きっと、自然に逆らわず共に生活しているんでしょうね。


またまた、帰ったらいろいろ報告しますが、取り敢えず今から本土に向かいます。

その前に腹ごしらえ!!!

「とび魚丼」です。
なかなかイケてます。
[PR]
by tomomikki | 2009-07-02 15:21 | 鹿児島・屋久島 日記

屋久島生活満喫中

綺麗な空気、綺麗な水、透き通る青、真っ白な雲、深いグレーの曇り空、
風の音、水の音、雨の音、鳥の声、虫の声、
全てが美しく素晴らしい。

とてもリラックスした時間を過ごしています。


皆さんもご存知のように、旅に出る前少し体調を崩していましたが(ネパール疲れ・・・)鹿児島でも、実は少ししんどかったんですが、
屋久島に来た途端、雨に降られたにもかかわらず、やけに体調が良いです。

大自然の力でしょうか???

海も山も川も全ての大自然がここにはあります。
年間8000ミリの雨が降りその雨が川から海へ流れるためか、
潮風でべたべたすることも無いのが不思議。
海水の塩分濃度が低いのかな???
溶岩石で出来ている島なので、海辺に海草や藻が付かないからだと言う話もあるそうです。

一昨日は、11時間のトレッキングで屋久杉を見てきました。
普段、運動して無いものにとっては、とにかくしんどいです。
その苦労を乗り越えてみる、屋久杉は格別だろうと思っていましたが、
帰り道のことを考えると、お先真っ暗で少しへこんでしまったのは、私だけでしょうか・・・?

昨日は、もののけの森に行ってきました。
これは比較的楽なコースで5時間ほどのトレッキング。
前日のことを考えるとかなり余裕でしたね(笑)

とても美しい苔の森でした。

今日は少しゆっくりして、昼前からマウンテンバイクで近所を散策したいと思っています。


詳しいご報告は、また後ほど。
[PR]
by tomomikki | 2009-07-01 09:21 | 鹿児島・屋久島 日記

屋久島到着

朝7時の鹿児島からのフェリーに乗り、11時過ぎに屋久島に到着しました。

大雨です・・・。

覚悟はしていましたが、ざざ降りです。
一気にべしょ濡れ。

港近くでレンタカーを借りようとしましたが、
私の宿泊する平内まではかなり距離があり、
金額が高くなることに気づき、とりあえず宿泊施設まで路線バスで移動することにしました。
1時間に1本のバス。40分ほど待ちました。
その間に、地元のおじいさんに何か話しかけられましたが、
何度聞き返しても、何を言っているのか分かりませんでした(笑)

日本語が分からないなんて・・・。
それならまだ片言の英語のほうが分かるかもね・・・(汗)

そこからバスで50分ほどかかって平内というところに到着。
途中、バスの運転手さんが、「お客さん、すみません、トイレに行ってきます。」
と、運転手さんのトイレ待ちという、都会では考えられないスローライフ(笑)

しかもバスの支払いが、1350円と路線バスでは信じられない高価格・・・。
確かに私の宿泊する平内は、最南に位置しますが、驚きました。
この金額に、島内の移動はレンタカーしかない!と言うことに気づきました。

途中、面白い地名を発見。

「男川」しばらく行くと「女川」
なんか伝説がありそうですね・・・。

そして「焼酎川」と言う、酒好きにはたまらん名前。
面白い由来がありそうです。


取り合えず、すべてべしょ濡れになったので、
ユースについたら洗濯しました。
その間、少し晴れ間も見えたので、洗濯が終わったら少し散歩に出かけよう!
と思っていたら、洗濯が終わるなりまた豪雨。

仕方ないので、今この日記を書いてます。
雨に負けていたら、屋久島観光は出来ないんでしょうけど、
降り方が半端じゃないんです。気持ちがなえますね・・・(汗)
覚悟はしていたんですけどね・・・。


今日は雨の音でも聴いていようかな・・・。

Song With Rainfall・・・。
[PR]
by tomomikki | 2009-06-27 16:58 | 鹿児島・屋久島 日記

鹿児島2Days

f0042307_7121056.jpg

f0042307_7121047.jpg

てな訳で、25日に定刻通り鹿児島に着いた私は、そのまま鹿児島水族館へ。

とても静かでシンプルな水族館で、リラックスしました。

朝、早起きしたのでイルカ水槽の前で少しウトウトしてしまったのですが、
目が覚めると、周りにひとっこひとり居なくて、私とイルカだけ・・・。

私の方がイルカに見られてる気分でしたー(笑)


デンキウナギの放電も一瞬でしたが、インパクト大でした。
デンキウナギが少し笑い顔に見えるのは私だけ?



26日は、桜島へ。
この日は、灰が降ってるらしく、あらゆるところに灰が積もっていて、
ズボンが灰だらけになりました・・・(*_*)

溶岩が流れ込んだ後に、植物の生命が誕生するのに、30年かかるんだって。
草木が育つには、100年近くかかるそうです。

今も活動を続ける桜島の活火山。
自然の脅威を感じました。


夜は久し振りにラーメンを食べました。
美味しかったです(^-^)v
[PR]
by tomomikki | 2009-06-27 07:12 | 鹿児島・屋久島 日記

ベーシスト東ともみの日記


by tomomikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る