人気ブログランキング |

カテゴリ:From Nepal 日記( 19 )

power cut

"power cut"「停電」この単語を覚えたのはネパールへ旅した時。

ネパールでは当時、発電所の発電機が壊れているものがあって、
充分に電気が供給できないため計画停電していました。
そう、「計画停電」と言う言葉を覚えたのもネパールでしたね。

とにかく貧乏な国なので、一度物が壊れると一向に直せないのですよ。
ネパール航空の飛行機が壊れて、1週間飛行機が飛ばず空港がパニック状態になっていたり・・・。
そんな事は普通。ま、そんな話はさておき。


計画停電で大騒ぎをしている日本を見て、

もちろんこんなに電気に頼っている国なのですから、当然のことだと思いますよ。
医療機器では人命に関わりますし、高層マンションに住んでる人はどうやって家から出るの?家へ帰るの?
最近のマンションや一軒家でもオール電化の家が増えてきてますよね、どうすんの?
お茶も飲めない。。。信号どうすんの?大事故に繋がりかねない・・・。


でもね、ネパールの計画停電はほんまにいい加減。
計画停電とは名ばかりで、その時間に電気は付いたままだったり、
全然違う時間に、ぶつっっと電気が切れたり・・・。
シャワー浴びてる時に停電になったときは参りました。
石鹸で泡だらけやのに、ホテルの給水ポンプが動かなくなって水量は減るし、
ホットシャワーは冷たくなるし~。夏やと言っても、水浴びるのは流石にね、冷たいですよ・・・。

そんな感じでしたが、もともと電気なんかに頼ってない人達なので、
「あ、またか!」って感じで何の不自由も感じていない様子。
大きなホテルやレストランは自家発電があるのだけれど、
ガソリンくさくてレストランでは気分悪くなるし、
発電機の音がうるさくて会話が聞こえないし・・・。

大体、日中にpower cutする事が多いんですが夜の8時とかでも平気でpower cut。
計画制は一切無いよね(笑)
電気が消えたら真っ暗闇なんだけど、みんな平気で街を歩いてるんですよね~。
道は悪いので私は懐中電灯で足元を照らして歩いていたんだけれど、
そんな、懐中電灯を持って歩いている方が不自然な感じでしたね。
みんな、慣れているでしょうね、暗闇に・・・。

そんな真っ暗闇の中、見たお祭りは幻想的で美しかったです。
たいまつの明かりに照らされた寺院も。宗教歌を歌う人達。
多民族国家のネパールでは、民族ごとにいろんなお祭りがあって、
小さなお祭りなら毎日どこかで何かしらやっているぐらい祭りが多いんですよ。


「計画停電」と聞いてそんなネパールの事を思い出しました。


停電が当たり前の国と、停電で大騒ぎしている国。
豊かである事はそれに相応する危険も伴っているし、
貧しい国には貧しいなりの、厳しい現実がある。

住む環境や生活が違うのでどっちが良いとか悪いとかを言いたいのではないです。

ただ、ふとネパールを旅した事を思い出したので書いてみました。
それだけ。
f0042307_1435848.jpg
写真は、バクタプルで泊まってったゲストハウス、「Unique Guest House」。
ユニークって今見たらちょっと笑える・・・。
一緒に泊まってた人がゲストハウスの人に「ユニークの意味知っててこの名前にしたの?」
って、聞いたら、「もちろんだよ。」って言ってましたね(笑)
決してユニークではありませんでしたが・・・(汗)
by tomomikki | 2011-03-15 01:20 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <いいんですか?>

ま、皆さんもう存分に感じて貰ってると思いますが、ネパールの方は穏やかでスローライフ。
細かい事は気にしないし、でも日々たくましく生きてるかんじ・・・。


でも、流石にこれはいいんですか???これで!!!
大丈夫なんですか???と眼を疑ったので、ご紹介します。
f0042307_14232018.jpg
このレンガ造りのお家。
レンガの積み方が悪かったのか、壁の途中が盛り上がってきている!!!
しかもそれを食い止めようとしてるのは良いのですが、

「木で支えてるだけやん!!!」

私は怖すぎてこんな所、住めないよ・・・。
地震が来ない事を心からお祈り申し上げます・・・。
by tomomikki | 2009-07-21 14:26 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <水>

よく聞かれますので水事情を少し。

一般家庭では水道がない家庭も多いようです。
あったところで、出なかったり・・・008.gif

ですので生活水は井戸水が主流。飲み水は煮沸して飲んでいるそうです。
因みにホテルなどや、レストランでは地下水を汲み上げてタンクにためて、
使っているそうです。

停電などで水が汲み上げられなくなる事もあり、あと20リットルくらいしか水がない!
と、ホテルの人が言っていましたが、かといって怒る事もなく、
1時来るはずだった、電気会社の人が4時になっても来てないのに、
「まだ来ないね~~~!」と割と平気でした。

私は、シャワー浴びられへんやん!!!と若干イラっとしてたのですが、
やはりネパール人の方は、いつもの事なのか穏やか・・・。

これは、パタンのダルバール広場にある水汲み場。
f0042307_13555236.jpg

少し話は逸れましたが、と言う事なので井戸水を汲んで家まで運ぶという、
重労働がある訳です。でもそれは、女性や子供の仕事。
男性が手伝う事はありません。
力仕事なのに、女性には特にお年を召した方にはきついよ!!!
と言っても、男性が手伝う事はとても恥ずかしい事だそうです。

文化の違いかな~?

でも、家の中では手伝っているみたいですけどね。。。


これはバクタプルのダチュバル広場の井戸。
夕方になると水汲みラッシュで、井戸が全然見えませんけど。
f0042307_1359125.jpg

普段はこんな感じ↓
f0042307_1422658.jpg
ま、こんな事なのでバクタプルでは水道水は濁ってました。

一番の都市にあるタメルではおそらく浄化システムが稼動出来ているらしく、水道水は透明でした。
それも確認した訳ではないので分からないんですが・・・。
ホテル独自がそういう浄化システムを持っていると言う可能性もあります。

バクタプルでは、数年前に浄化するシステムが壊れたっきり、
市が修理するお金がなくて、ずっと壊れたままらしいです。


こういう事情なので、清潔な日本に生まれ育った私に、
体への影響が出るのは当然のことですね・・・。
by tomomikki | 2009-07-21 14:12 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <先端???>

ここネパールでも日本語を勉強する人はたくさんいているようです。
どんなに小さな村へ行っても、必ず日本語を話す人がいることに驚きでした。

ですので日本語学校の看板も結構見かけたのですが、
この看板は少し気になったので写真撮りました。

「先端」???しかもローマ字表記で「sentan」!!!
f0042307_13342586.jpg

さきっぽ?先頭?


どんな日本教育が繰り広げられているのか???気になる所です。
by tomomikki | 2009-07-21 13:38 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <スワヤンブナートからの景色>

f0042307_14594087.jpg
f0042307_14594997.jpg
f0042307_14595693.jpg

by tomomikki | 2009-07-17 15:00 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <スワヤンブナート>

やっとの思いで、スワヤンブナートに到着した私を待っていたのは、この階段と物乞い。
f0042307_14411113.jpg
物乞いを振り切るのはかなり至難の業。かなりしつこいです。
でも彼女達は、物乞いと言う職業なので、金品を与える必要はありません。
私を見るなり母親が娘に、「ほら、来たよ、行っておいで!」らしき姿を見たり、
私を見るなり少女が泣き出して「ルピーくれ~~~」と言ったり。

そうすることしか彼女達の生きるすべはないのでしょうけど、
私は何も上げる気にはなりませんでした。あげるのであれば、全員にあげないといけなしね・・・。

通称モンキーテンプルと言うだけあって、お猿さんがたくさんいました。
f0042307_14454144.jpg
f0042307_14472779.jpg
やっとの思いで到着!!!たくさんの仏教徒の方がお参りに来ていました。
f0042307_1447439.jpg
f0042307_14475137.jpg
f0042307_14541884.jpg
結構暑かったので犬もバテバテ。ご心配なく、ちゃんと生きていました・・・(笑)
f0042307_14542985.jpg

by tomomikki | 2009-07-17 14:47 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <スワヤンブナートへの道>

タメルから西へ2kmの所に、通称モンキーテンプルと言われているスワヤンブナートがあります。
2kmと言う事で、散歩がてら歩いて行くことにしました。

迷いながら歩いたので1時間半くらいかかりました。
この日はかなり暑かったので、ばて気味~~~(笑)

行く道にて、洗濯屋さんを発見。
井戸水での洗濯で、しかもバシバシすごい勢いで洗濯板に叩きつけてます。
すぐに生地が傷みそうです・・・。
f0042307_14334386.jpg
f0042307_14353044.jpg
橋を渡れば隣町。古い町並みを抜けた先にスワヤンブナートはあります。
f0042307_1437146.jpg
スワヤンブナート近くのグラウンドでサッカーをしている少年たちを見ました。
審判が僧侶だったのが面白かったのでついついパシャリ。
f0042307_14371360.jpg

by tomomikki | 2009-07-17 14:39 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <ダルバール広場 in タメル>

タメル地区のダルバール広場。ダルバールとは宮廷を意味する言葉。
あと、バクタプルとパタンにもダルバール広場はあります。
f0042307_1359064.jpg
宮廷広場と言う事でたくさんのお寺や建物がありますが、うっかり建物に見とれていると危険。
ここは抜け道らしく、車もバイクもガンガン通るので、かなり危ないです・・・008.gif
写真では分かりませんが、かなりの交通量なので排気ガスで空気は汚いし、
クラクションでうるさいし、ゆっくり建造物を見学!と言う気には全然なりませんでした。
f0042307_1405957.jpg
学生たちが何かイベントをしていました。
よく分かりませんでしたがおそらく平和を訴えるような感じだと思います。
学生たちの作った作品も飾られていましたね。
f0042307_1404737.jpg

あ、野良牛もいました。
f0042307_144532.jpg

これは、ネパール大学。
f0042307_1481251.jpg
大学の前の広場はお土産屋さんの露店が並んでいます。
どういうこっちゃ(笑)
by tomomikki | 2009-07-17 14:11 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <リクシャー>

タメルでよく見かけたこの乗り物。「リクシャー」です。
f0042307_13461478.jpg

ま、人力車ですね。京都や奈良で見かけるような・・・。

でも、道があまり良くないのでかなり揺れるし落ちそうになるし、
引っ張る方もかなりの重労働でしょうね・・・。

ちょっとした移動には最適ですが、知らずに乗るとかなりぼられます。
たくさんいるので、結構飽和状態になっているみたいで、
立ち止まると、必ず声をかけてくるのはリクシャーの運転手。

ちょっとした移動なら、20から30ルピーくらいですが、
私は知らずに、200ルピーも払ってしまいました。これでも値切ってね・・・。


このリクシャー、ま、個人タクシーみたいなもんですが、
運転手の好みでいろんな飾り付けしてあったり、
クラクションもペットボトルを応用したり、口笛をクラクション代わりにする人もいたりと、
運転手の個性が出る面白い乗り物でした。
by tomomikki | 2009-07-17 13:51 | From Nepal 日記

From Nepal 日記 <交通事情>

ネパールの方の交通マナーは、最悪です。
とにかく、無理な追い越しは普通。事あるごとにクラクションはガンガン鳴らすし、
どうやら、相手に危険を知らせるためのクラクションではなく、
自分がここに居てるという、存在自己アピールみたい・・・(笑)

曲がり角では、必ず鳴らしますね。
ま、日本のようにミラーがあったりしないので、鳴らさないと衝突事故になったりするからでしょうね・・・。
道は譲らないし、かなり危険&傲慢な運転です・・・。


大きな交差点でも、信号がなかったりするので、警官の手信号だったりしてました。
車線も無視。はじめはビビりましたね。

ま、こんな事なので軽い衝突事故は日常茶飯事。
日に2,3回はそう言ういざこざを見ました。
f0042307_10175447.jpg
ま、御覧の通り。これ、ちゃんとした大通りです。
この大通りで普通に真ん中にいる大きなバスがUターンしようとしていて大渋滞、
みんな怒り叫んでるし、クラクションの大嵐で凄かったです・・・。

因みに手前はテンプー(乗合バスみたいなもの)乗り場です。


バイクもたくさん走っているのですが、2人乗りはOK。
しかも後ろに乗る人のヘルメット着用義務はありません。
前の人は、ヘルメットかぶらないと罰金があるそうです。
そういうところも、一昔前の日本みたいね・・・。

車に乗る人、バイクに乗る人のマナーは最悪ですが、歩行者のマナーも最悪です。
f0042307_10331673.jpg
写真の大通りで、普通に横断している人が居るの分かりますか???

信号があまりないので、無理な横断しないと渡れないっていうのもあるんですけど。
どんな大きな道でも交通量が多くても関係なく、我が道行く歩行者が多かったです。
マナーがどうのこうの言ってると、道を渡れないので、
私も、郷に入れば郷に従えで、失礼してましたけど・・・008.gif



因みに写真の右手前は、ネパールの大手銀行ヒマラヤン銀行です。
右手の真ん中ぐらいには日本ではもう見ることが出来ない、「フィリップス」の看板がありますね!
by tomomikki | 2009-07-09 10:28 | From Nepal 日記

ベーシスト東ともみの日記


by tomomikki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る